EVO. ハイブリッドターフ EVO.

ロングパイル人工芝のプレーフィーリングはそのままに、
メンテナンス性を飛躍的に向上させた進化形。

インフィル(充填材)を使用しないノンフィルタイプだから、流出や付着の悩みを一挙に解決! 水や雪による充填材流出の心配がある、河川敷や寒冷地のグラウンドに最適な仕様です。

構造図
  • EXヤーンの性能を受け継いだ、優れた耐久性。
  • JFA公認ロングパイル人工芝と同等のプレー性能。(衝撃吸収性、垂直変位)
  • 充填物の悩みを解消! プレーに集中できます。
  • 河川敷の冠水後や寒冷地の降雪時のメンテナンスが容易。

走りやすく、良好なプレーフィーリングを実現した「ハイブリッドターフ EVO.」。

耐久性に優れた主パイルとクッション性を備えた副パイルの組み合わせで、JFA公認ロングパイル人工芝と同等のプレー性能を生み出しました。

EXヤーンの性能を受け継いだ、優れた耐久性。

主パイルは、高耐久仕様のハイブリッドターフに採用されている、EXヤーンの材料と製法を用いて製造。特にねじれに対して、強い実力を発揮することが確認されています。

従来評価法
新耐久性評価法
耐久性試験結果
試験項目当社試験結果(参考値)
リスポート耐久試験100,000回試験後の主パイルに著しい裂傷なし
ねじり耐久試験(当社独自試験)100,000回試験後の主パイル残存面積率 88%

JFA公認ロングパイル人工芝と同等のプレー性能。

副パイルには、耐候性と耐久性の高いポリエチレン製ヤーンを採用。ほどよい捲縮加工により高い起毛性補助とクッション性を発揮し、良好なプレーフィーリングを実現します。

試験項目当社試験結果(参考値)備考
衝撃吸収性試験52~55%(アンダーパッド10mmt敷設時)JFA公認規格値 50〜70%
垂直変位5~6 mm(アンダーパッド10mmt敷設時)JFA公認規格値 4〜11mm

充填物の悩みを解消! プレーに集中できます。

充填材の飛散がありませんので、スパイクやユニフォームなどにゴムチップや砂が付着することがありません。また、気になるゴム臭もないので、快適にプレーすることが可能です。

河川敷の冠水後や寒冷地の降雪時のメンテナンスが容易。

河川敷が冠水した場合でも、充填材の流出することがありません。また、寒冷地のグラウンドでも、除雪による充填材の持ち出しがなくなるなど、管理が容易になります。

ハイブリッドターフEVO.の実績

NTT東日本志木総合グラウンド
NTT東日本志木総合グラウンド
田宮シーズ園
田宮シーズ園

ハイブリッドターフEVO.の構造

ハイブリッドターフEVOの構造
ハイブリッドターフEVOの表面画像

ハイブリッドターフEVO.の標準仕様

パイル
(主パイル)
材質PE
製法直毛モノフィラメントヤーン
繊度5,550dtex
幅/長さ1.0mm/30mm
濃緑 (FG : フィールドグリーン)
パイル
(副パイル)
材質PE
製法捲縮モノフィラメントヤーン
繊度4,000dtex
幅/長さ0.65mm/25mm(相当)
淡緑 (LG : ライムグリーン)
基布材質綿付き PP製平織基布
幅/長さ4.07m幅/任意長
裏止材材質SBRラテックス
タフト規格芝丈主パイル丈 30mm

人工芝の製品一覧

アンダーパッド・充填材の製品一覧

カタログ請求・お問い合わせ

住友ゴム工業株式会社株式会社 住ゴム産業